2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

「まほうのトマト」収穫最盛期です。

連日の猛暑のなか、 畑作業はかなりキツイ状態です。 ハウス内は温度も高く トマト達もきっと「暑~い!」と言っています。 色々、涼しくなる対策をしていますが 外気温より下げることは難しく 木陰の涼しさまで下げることで精一杯。 日没が待ち遠しい毎日です。 作業は、 朝収穫をし 昼前から作業小屋内で、 梱包作業を行ってます。 小屋内はエアコンで涼しい~です。 トマトも収穫後は早めに冷やさないと どんどん熟してしまうので この時期のエアコンは欠かせません。 1つ1つ、検査しながら梱包。 美味しい「まほうのトマト」をお届けするための 大切な作業です。 収穫は、11月頃まで続きます。 オイラもトマトも、 涼しい日が待ち遠しい今日この頃です。

土用の丑の日には「まほうのトマト」

連日の暑さが続き ハウスの中は高温になります。   この高温を和らげるため ワトムのハウス内では遮光をして 強い日差しから野菜を守ります。 遮光のおかげで 木陰の状態となり 暑さが和らぎます。 そんななか 夏野菜の人気者 「まほうのトマト」がグンと美味しくなりました! ピッカピカで パンと張った果実。 果肉もしっかり詰まって 甘~くなりました! 冷たく冷やした「まほうのトマト」を 丸ごと頬張って食べて下さい。 (写真は「まほうのトマト」と「ホワイトトマト」) 口いっぱいに広がる フルーツの様な甘さと香りをお楽しみください。 今週から、スムーズにお届けできるようになりました。 今日は土用の丑の日。 暑気払いと栄養と水分補給に 「まほうのトマト」を食べて 暑さを乗り切りましょう!

ピーチトマト・レモントマト・チョコレートトマト...etc

一昨年から栽培を始めた ピーチトマト。 桃の様に産毛があり 柔らかい触感。 白桃と紅桃。  皮が薄く、とってもジューシで  大きさも桃にそっくりです。  きっと手にした方は驚くことでしょう。 「味も桃の味ですか?」と良く聞かれます。  答えは、「No」  味はトマトです。  ただ、酸味が無くトマト臭さもないので  生食がお勧めです。  マリネ、サンドイッチ、もちろんサラダにもお勧め。 レモントマトとホワイトトマト レモントマトは  ごらんの通り、レモンのそっくり。  肉厚で熟すると柔らかく、  レモンの様な酸っぱさがありあません。 ホワイトトマトは  ジューシーで皮も薄く  中まで白い色。  スノーホワイトとホワイトミディの2種類があります。  スノーホワイトはジューシーで酸味が無く  ホワイトミディはちょっと硬めな果肉。少し酸味があります。    ホワイトトマトは熟すると薄い黄色になります。 ブラックトマトとチョコレートトマト 右がブラックトマトで 左がチョコレートトマト。  ブラックトマトは柔らかくてジューシー。  酸味が無く、熟すると赤くなります。  チョコレートトマトは少し硬め。  もちろんチョコレート味では無く、  ほど良い酸味があります。 グリーンプラム、イエローグリーングレープ、サンオレンジ グリーンプラムはとっても綺麗な翡翠色。  甘くてジューシー、珍しいトマトです。 イエローグリーングレープ  ほのかな白葡萄の香り。  甘くてジューシーでプッチっとした食感は  葡萄そっくりで、お勧め。 そして まほうのトマト、ピンクチェリー、オレンジシュガーゲム ワトム一番人気のまほうのトマト  甘くて、酸味やトマト臭さが無く  皮も薄く、ジューシー。 ピンクチェリーは  綺麗なツヤで柔らかくて甘い品種。  赤いトマトと比べると濃いピンク色。   オレンジシュガーゲム  中玉のオレンジトマト。  熟してもオレンジ色で、  ぎっしりと詰まった果肉は […]

Regalo estivo per Cucina

クッチーナさんへ夏の贈り物をお届けしましたが、 その内容がクッチーナ・ブログで紹介されています。 どんなトマトが入っているか ご覧になって下さい。(↑上の写真からジャンプします) 今、ハウスではトマトが最盛期を迎えています。 ※[今月]から収穫が始まった「まほうのトマト」 ※[今月]と言うのは 6月から収穫が始まったまほうのトマトですが ご好評いただいているお客様に 品切れをしないよう各月毎に収穫できるように 栽培をしています。 暑くなったこの時期の トマト栽培はとても難しいです。 暑さで果実が柔らかくなったり 虫が発生したり 病気の発生もこの時期が一番多くなります。 21日、福井は豪雨でした。 雨が多いと 地中から雨水がハウス内に染み込み トマトが水を一気に取って 割れてしまいます。 この時期は 収穫と栽培管理で忙しい毎日です。 でも、良いこともあります。 太陽の光を沢山浴びることで トマトがどんどん美味しくなります。 まだ、お届けにはお待ち頂いていますが 美味しい「まほうのトマト」をどうぞ召し上がって下さい。

食工房『野の花』さんへ行きました!

21日、お世話になっている 「食工房 野の花」さんにお伺いしました。 初めての訪問で ワクワクしながら 軽トラで向かいました。 場所が解らなくて (軽トラにナビが無くて) 電話でお聞きしながら たどり着きました。 鯖江の田舎の閑静な住宅街にあり、 のどかで、ログハウス風の建物。 この日は、7月の「野の花便り」の 配送準備で忙しくされていましたが 快く迎えて頂きました。 忙しいスタッフさん。 手慣れた動作で早い動き。 (写真の手がブレてます) 箱いっぱいに パン、特製のジャム、焼き菓子など詰められて 全国の野の花ファンの方々にお届けされます。 何日もかけ じっくりとでき上がる 美味しそうな、石窯焼きのパン。 工房内は、香ばしい香りでいっぱい。 未だ余熱が残る石窯で 野の花さんが、焼きトマトを作って下さいました。 オリーブオイルと 特製「石ウス引き焙煎胡椒」だけの シンプル料理。 素材の味が調和して 美味しい! 庭の奥にある「秘密の部屋」に案内してもらいました。 ここにも、小さな石窯があり 『小さな石窯を愉しむ体験教室』はここで行われるそうです。 部屋の中は、手作り風で どことなく懐かしい感じ。 リメイクされた古道具、 しっくいの白壁、 懐かしい木枠の窓など 個性が光ってます。 色々な話しをしました。 楽しくて嬉しい時間を過ごし 野の花さんの優しい人柄になごみました。 ありがとうございました。 また、宜しくお願いします。

[…]

Regalo estivo

Regalo estivo       - 夏の贈り物 先日、クッチーナさんにお届けに行きました。 『カラー・トマト・コレクション盛り』 シェフ、マダム、バルバラさんが 喜んで下さいました。 シェフがそっと差し出してくれた 冷たいジンジャエールが美味しかった。 暑い夏の日の夕方。 シェフの優しさに感謝します。 今、クッチーナさんは 夏メニューでトマト特集をしています! 夏も美味しい料理満載です。 さあ、クッチーナさんへ行きましょう!

暑いと言えば、

連日の猛暑日。 暑いです。 とっても。 暑いと言えば 沖縄。(何で?と思わないでくださいね) 今日は、沖縄料理にしよう! ■沖縄そば、煮卵添え 三枚肉はもちろん自家製。 沖縄そば出汁も自家製(自己流秘伝出汁!←イイカゲンです。) 紅ショウガは、パス! けっこう手間を掛けて作りましたが、 食べるのはあっと言う間。 ■じゅーしー 肉味噌は自家製。と言うか自己流。 味付けは、沖縄で頂いた味を思い出しながら調整。 「沖縄そば」には「じゅーしー」がセットですよね。 もう一品、沖縄料理では無いですが ■冷たい塩麹の吸い物 具は3種のトマトのみ。 さっぱりして、冷たくて、 んまい。 更にもう一品、 ■漬物アラカルト、グレープトマト入り 先日M先生奥様から頂いたキュウリの薄塩漬けと ワトム2号母作のキューちゃん。 冷蔵庫に残っていたタクアン。 イエローグリーングレープトマトを入れ 塩麹で味付け。 暑い時は、暑い所の食べ物を食べて 暑気払いしましょう!

調理用トマト②

今年、初お目見えのトマト。 カリフォルニアからやって来た 「レッド シュガー ゲム」 まさに赤い宝石。 丸くてピカピカ。 パンパンに張った沢山の果実がなり、 トマトの木はとても賑やかです。 現地の紹介文を読むと 「多収で鮮やかな赤色でまさに宝石のよう!  果肉はジューシー、とても甘いトマトです!」 と紹介されていました。 果肉は程良いジューシーさ。 でも、「とても甘い」は??? 日本で求められているトマトの甘さと 海外で甘いとされるトマトには 大きな差があります。 「生食(サラダ)にも美味しい。」の原文は  裏を返せば 「生でも食べれない事はない。」 でも、トマト臭さや雑味が無いので これも調理用向きですね。 同時に栽培している 「オレンジ シュガー ゲム」 さあ、何に調理しようかな。 良いアドバイスコメントお待ちしてます。 これは未だ試食してませんが、 たぶんレッドと同じだと思っているオイラでした。

調理用トマト①

日本のトマトはほとんど生食用です。 ワトムで栽培しているトマトも 多くが生食用です。 しかし海外では、 調理用のトマトの割合の方が多く トマトは色々な料理に使われています。 ワトムでも調理用トマトの栽培をしています。 春に来た短期研修生の置き土産です。 最もポピュラーな調理用イタリアトマト 「サンマルツァーノ」 ピーマンのように細長く 肉厚で独特の香りや酸味の少ない品種です。 クッチーナさんで トマトソースを作って頂きました。 シェフの腕前が光ります。 生トマトの味を生かしながら 全体の味のバランスが良く 濃厚なのに爽やかです。 もちもちの冷たい讃岐うどんで頂きました。 たっぷりと絡ませたソースは 爽やかで暑さを吹き飛ばしてくれます。 生食トマトは美味しいですが ちゃんと調理したトマトは もっと美味しいです。 クッチーナさん、ありがとうございました。

イエローグリーングレープトマト

今年からカラートマトコレクションに新たに加わった イエローグリーングレープトマト 5月中旬から開花し 一房に100以上の花を着けてました。 着果したらどうなるんだろう? 全部の花が着果することは無いだろう。 と、思ってました。 しかし、現在はこんなになりました。 果実は2cmぐらいで小さいですが ジューシーで皮も薄く とっても美味しいトマトです。 何と言っても、数がすごい! 果実の重さで房が垂れ下がっています。 収穫にも時間が掛り、結構面倒... でも、美味しいイエローグリーングレープが出来ました。 『COLOR TOMATO COLLECTION』に入ってます。 上のバナーからお求めになれます。 Yahoo!ワトム店へジャンプします。