2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

プンタレッラで和食はいかがですか。

今年のプンタレッラは 「大変良くできました!」と 言いたいくらいに 良い品質になりました。 株元から一斉に立ち上がる花茎は太く 水々しく柔らかです。 まさに「春待ち野菜」の味です。 お客様から 「プンタレッラの和食や鉄板向きのレシピを知りたい。」 との御質問があり、和食を作りました。 ■プンタレッラの豚巻き プンタレッラの芽を 内側にクリームチーズを塗った 薄切りの豚肉で巻いてソテー。 日本酒でのばしたちょっと甘いカラシ味噌ソースで 軽く蒸し焼きにしました。 プンタレッラのサックリ感と 香ばしい豚肉、カラシ味噌ソースがピッタリです。 ■プンタレッラの洋風煮物 皮と油身を取り除いた鳥モモとプンタレッラを軽くソテー。 茹でた筍、短冊切りの黒蒟蒻を加え、 ブイヨンと酒で煮込み、醤油で味を調えます。 ちょっと洋風でボリュームがありヘルシーな煮物。 ■プンタレッラのもずく酢 春先の地元産の新もずくを良く洗って切り 米酢を効かせた出汁と少しの醤油で和え 縦に細長く切ったプンタレッラと タルティーボを乗せた小鉢。 爽やかなもずく酢とプンタレッラの シャッキっとした食感が美味しいです。 タルティーボのかすかな苦みがアクセント。 もう一品 ■プンタレッラの若葉(カタローニャ)と ガーリックチキンの手巻き寿司 小さ目に切った鳥肉をガーリックとソテーし 塩コショウで軽く味付けして レタスの代わりに、プンタレッラの若葉を 手巻き寿司にします。 爽やかな若葉とガーリックチキンが良く合います。 まだまだ続くプンタレッラの収穫。 今が旬です。 お試しください。

[…]

ワトムのイタリア野菜を紹介しているBLOGとHP

ワトムのイタリア野菜を紹介してくださっている 方々のBLOG・HPをお知らせします。 (写真からそれぞれのページにジャンプします) TATIN’S HOME KITCHEN38さん タタンズさんは、お料理の先生。 ご主人は、シェフ。 プンタレッラ、タルティーヴォを 紹介して下さっています。 野の花工房さん 野の花のSさんは、料理家。 福井の色々な食材を使った料理を発信されています。 カーボロ・ネロを紹介して下さってます。 fuの今月の裏fu様 編集のMさん。 fu4月号に掲載されなかった野菜達を 面白く紹介して下さってます。 そして、お馴染み クッチーナ様 WEB担当のバルバラさん。 プンタレッラ、チコリなどなど 沢山の野菜を紹介して下さっています。 皆様、ありがとうございます。 これからも宜しくお願いします。

[…]

どうぞ召し上がれ

トマト通販、甘いトマト、限定100セット、ディノスのトマト dinos食品カタログ 『どうぞ召し上がれ』2012夏号が  発刊されました! このカタログの中に、 ワトムの「まほうのとまと」が 掲載され、受付開始しました。 お届けは、6月下旬~8月上旬 限定100セット 化粧箱約1.5kg入りでのお届けです。 今年も甘~い『まほうのトマト』を お届けさせて頂きます。 デジタルカタログはこちらから⇒ ●   オンラインショップはこちらから⇒ ■   カタログ発送は4月1日からです。 宜しくお願いします!

fu【ふう】4月号

3月27日発刊の月刊誌 「fu(ふう)4月号」に、 ワトムのイタリア野菜が紹介されました。 今月号の特集は 「春色のおもてなし」福井市浜町のお店の紹介など 春らしい雑誌になっています。 福井の美味しい物を紹介する 【うま盛り ふくいの幸<春/早春編>】 『春待ち ふくいイタリア野菜』と言うタイトル。 色々なイタリア野菜の紹介をしています。 特徴や食べ方など詳しい内容で ちょっとした図鑑のようです。 編集のMさんが、 調べられた内容は 農家とは違う観点で それぞれの特徴が とても解りやすいです。 是非、ご覧になって下さい。 福井県外の方でご覧になりたい方は fuまでお問い合わせ下さいね。

園芸連絡協議会定期総会で

3月23日、 越前市で『園芸連絡協議会定期総会』が開催され 様々な部会の方々が集まりました。 総会では、園芸事業の報告や今後の計画について 話し合いがありました。 この総会の後、講習会があり オイラが話しさせて頂きました。 ベテランの皆様を前に、講習などできるはずもなく 『ワトム』の始まりと現状、今後の取り組みについて 話しさせて頂きました。 直前まで、余裕たっぷりのつもりでしたが いざ始まると、すごく緊張し 息をするのも忘れて、 時々深呼吸しながらの話しになってしまいました。 皆さんには「緊張しています。」と 伝えましたが、 オイラの話しは伝わったのかは不明。 脱サラしてから、ここ数年、 人前で話す機会が無く もう少し話し方を考え 心の準備をすればよかったのにと、後悔しました。 皆さん申し訳ございませんでした。 じ~っと聞いて下さり、ありがとうございました。

イタリア野菜の王様と女王Ⅱ

前回もお知らせしましたが、 イタリア野菜の王様:タルティーヴォ(Rossa di Treviso)と 女王:プンタレッラ(Puntarelle)の収穫真最中です。 今が旬真っ盛り。 前にも作りましたが タルティーヴォとプンタレッラを ふんだんに使ったレシピでいただきました。 ■ステーキのタルティーヴォの赤ワインカラメッラート添え 贅沢に タルティーヴォを半切りし そのままソテー。 赤ワインで軽く蒸し上げたレシピ。 ステーキに盛り付けます。 タルティーヴォの爽やかな苦みが 肉の味にアクセントとなって 絶妙です。 そして、プンタレッラで和食 ■プンタレッラとケールのごま油炒め塩麹和え 塩麹はAさんからの頂き物。 ごまの香りと塩麹の優しい味が 良く合います。 プンタレッラとケールのサックリ感が残る ヘルシーな和食。 さすが、王様と女王様と言われるだけの味でした。

八百五商店様とiLbosco様

イタリア野菜 イタリアン野菜 by ワトム お世話になっている、 ㈱八百五商店様が お得意先のレストラン iLbosco様とご一緒に、 イタリア野菜の見学に来場されました。 短い時間でしたが ワトムの野菜を見て頂きました。 色々と質問されていました。 「プンタレッラの葉を食べましたが、  美味しかったですよ。」 「ケールは苦くないですね。  このままサラダでもイケるかも。」 「まほうのトマトはいつ頃収穫ですか。」 いつも、ワトムの野菜がお世話になっています。 これからも宜しくお願い致します。 終盤に近づいたイタリア野菜達。 あと1ケ月もすると次の作付けの準備に入ります。 中には、懸命に、復活してきた物もあります。 でも、あと1ケ月... けなげな姿に愛おしくなります。 その中でも、可愛い「ナスタチウム」 今日は、ナスタチウムを収穫してサラダで いただきました。 甘い蜜と辛味のある花びら 野菜達に感謝 ありがとう。 美味しいよ。

[…]

楽しい花屋さんⅡ

また「花工房」さんへ行きました。 オイラの中では、お気に入りです。 オッサンが花を買うのが珍しいのか、 店員のKさんは、前回のことを覚えてくれてました。 【前回の「楽しい花屋さん」を見る】 今回は、お世話になっているK2さんへの 誕生日プレゼントで テディベアのプリザーブドフラワーアレンジを 買いました。 レジに近づくと、店員さんが 「あっ、こんにちは」 オイラは、 「あれっ?この前のユニークな店員さんはお休み?」 店員さん、 「えっ?この前、袋を渡し間違えたのは私です。」 オイラ 「すいません。」 この前、 オイラの買ったアレンジフラワーを ギフト用の袋に入れてくれました。 ところが、 会計のあと、別の空っぽの袋を 渡されそうになり Kさんが 「あほでしょう。わたし」 オイラは 「...」 でも、一気にKさんファンになりました。 髪型が変わったのか、店員のKさんの印象が違っていて 解りませんでした。 失礼しました。 オイラもあほですね。 店内は、色々なフラワーアレンジでいっぱい。 また、春の花も沢山ありました。 とっても綺麗な店内です。 店員さんのセンスが光るお店です。 とにかく可愛いです。 オイラのお勧めの店です。 ユニークなKさんもお勧めです。 (下のバナーからブログが見れます) Kさん、間違えてスイマセンでした。 また、行きますね。

[…]

イタリア野菜の王様と女王

イタリア野菜の 王様:タルティーヴォ(Rossa di Treviso) 女王:プンタレッラ(Puntarelle) 収穫が最盛期になりました。 イタリアの春告げ野菜は、今が旬です。 今年は、両方の野菜が同時に収穫できています。 タルティーヴォは 少し発色が良くないですが 株の大きさは十分に育ちました。 プンタレッラは しっかりとした株で 苦みも少なく、柔らか。 葉も「カタローニャ」としてお使い下さい。 ■プンタレッラのチーズと和牛巻きのソテー、タルティーヴォ添え  鱈の白子と塩麹のホワイトワインソースで 王様と女王を一緒にした贅沢な一品。 柔らかな肉の中には、 カリッとした食感のプンタレッラとトロッとしたチーズ。 白子と塩麹の深みのあるソースはワインで爽やかにしました。 ■ビーツのパエリア風ごはん ごはんつぶが、ピカピカです。 今だけの贅沢で美味しいレシピをお試し下さい。

[…]

塩麹研修会

3月8日、 福井県丹南農林総合事務所主宰の 「塩麹研修会」が開催されました。 丹南地域は稲作が盛んで 美味しい米が栽培されています。 その米と綺麗な水を使って塩麹を作る研修会。 更に、地元食材と塩麹を使ったレシピを紹介し 普及を進めようと研修会が開催されました。 研修会では、 地元食材やワトムの野菜を使っての塩麹料理を 野の花工房Sさんのご指導で作り 参加者にふるまわれました。 オイラは参加できなかったのですが、 主催のAさんから ご報告がありました。 以下、Aさんより 「おかげさまで、大盛況に終わりました。  野の花工房のSさんのご指導で、  朝8時半から8人の女性陣に手伝って頂き、  100個のお弁当形式で用意して、  講議の後、お弁当や、地域の伝統料理などを  食べていただくという形だったんですが、  慣れない野菜を使っての料理だし、  2時間で作って、お弁当箱に詰めての作業は  なかなか大変でした。  ワトムの野菜を、  参加者の方々に見ていただき、  ワトムさんを紹介しました。  皆さん興味津津でした。  塩麹レシピは、  どれも優しい味でした。」 Aさん、Sさん、ご関係の皆様 お疲れさまでした。 ワトムの紹介までして頂き ありがとうございました。 皆様の努力で 地元食材が益々普及するんですね。 今後の御活躍をお祈り致します。 オイラの感想は、 あ~、とっても美味そう。 食べたかったです。

[…]