2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

越前蜜芋が美味しくなりました

越前蜜芋を  10月に収穫し  キュアリング処理し  約2ケ月間、熟成  デンプン質が糖に変わり  しっとり  甘~くなりました。  今年の出来は◎  とっても美味しくなりました。  カロテン臭が無く  色も鮮やか  焼き芋がオススメです。    『焼き芋』の作り方  ・芋をアルミホイルで包みます  ・グリルで約30分、弱火で焼きます   (大きさにより時間を調整して下さい)  ・途中で2~3回まわして均一に火を通します  シットリ   甘~い焼き芋のできあがり  福井市内の直売所にて   販売開始しました。  Yahoo! ワトム店でも販売中です。   ↓   ↓   ↓   

焼芋

今日は寒波が強く 畑での農作業はお休み。 ワトムの専用倉庫内で 越前蜜芋の選別をしました。 10月に収穫したさつま芋を 約2ヶ月かけて風乾・キュアリング・熟成 さつま芋のでん粉質が蔗糖に変わり とても甘くなりました。 甘さを確認するために 焼芋にしてみました。 ☆簡単な焼芋の作り方 適当な大きさの アルミホイルを クシャクシャにします クシャクシャを開き さつま芋を フワッと2重巻きして グリルかオーブンで ゆっくりと焼きます。 グリルやオーブンによって 焼き時間は異なりますが 我が家では、およそ20分 柔らかくなればできあがり。  しっとり   トロッとした  焼芋の出来上がり。  越前蜜芋は   しっとり、とっても甘く    美味しいです。 寒い日の楽しみの一つです。

越前蜜芋のポタージュ

先日の『楽しいジビエ会』で 野の花工房さんから 「さつま芋のポタージュが  簡単で、美味しくて、  ブログでも反響が多かったですよ。」 と、言われました。 ので、 早速、野の花工房さんのレシピを参考に 作って見ました。 越前蜜芋を輪切りにして  ひたひたの水と少しの塩で煮込む。 串がとおる位に柔らかくなったら  牛乳と一緒にミキサーへ。 (ハンドミキサーが無いので…) もう一度、温め直して出来上がり。 ■越前蜜芋のポタージュ ラディッシュとフェンネルをトッピング。 とっても、んまい! でも、越前蜜芋だと甘すぎ。 砂糖なしにしたんですが… しかも、雛祭りのように 可愛いくなってしまった… 可愛いついでに ■出汁巻きと白はんぺんのフィノッキオサンド 出汁巻きの間に白はんぺんと スライスしたフィノッキオをサンド、 チーズをのせオーブンへ。 まほうのトマトをトッピングして 粉チーズを掛ければ出来上がり。 ケーキみたいになってしまった... でも、うまい!です。 ■桜チップのロースト豚とメロカマ、柿ソースで 桜の香りがするロースト肉と 甘い柿ソースが良く合います。 秋か春か、解らなくなってしまった夕食でした。 寒くなったこの季節。 ワトムのさつま芋で 甘~い夕食はいかがですか。

[…]

さつま芋の収穫中です。

今月に入り、ほぼ毎日さつま芋の収穫をしています。 毎年の事ですが、結構時間が掛ります。 機械(芋掘り専用機)で掘るんですが、 機械では芋の株を掘り易くするために土を起こすのみ。 土内の芋を掘り出したり、掘り出した芋の収集は手作業です。 しかし、以前は機械がなかったので全て手作業でした。 その頃に比べるとかなり作業も楽になりました。 今年は猛暑の影響も感じないくらい豊作になりました。 たぶん過去最高の収量です。 豊作だと、芋掘りも楽しくなります。 芋掘り中に、いきなり土の中から こんなヤツが出て来ました。 体長10cmくらいの、オオムカデです。 害虫を食べてくれるので良いヤツなんだけど 突然現れると驚きます。 また顎に毒を持つので噛まれると大変な事態になります。 やむおえず駆除しています。 畑では秋も盛りとなり草花も実を着ける頃となりました。 名も知らない草の花がひっそりと咲いています。 山ブドウがもう時期色付き始める様子。 日毎に秋の深まりを感じます。 慌ただしかった夏から日毎にゆっくりとなる秋です。

今年も越前蜜芋の販売開始しました。

10月から熟成中の 「越前蜜芋」が甘~くなりました。 今年は、大きめの芋で とっても良い出来です。 Yahoo!ワトム店からお求め下さい。 芋畑の片づけをしていたら 珍しいお客様が来ました。 キツネです。 2~3m位の近くまで寄って来ました。 警戒心がないようで、 しっぽがフサフサで長く 体はスマートでした。 芋畑の野ねずみでも探しているようでした。 ネズミ退治、宜しくお願いします。

鳥獣被害 さつま芋畑にイノシシ出現

近くのさつま芋畑にイノシシが来て 大きな被害が出ています。 (※イノシシの写真は合成です。) 大きな足跡があちらこちらにあり 地域全体を荒らし回っています。 現在のワトムのさつま芋畑の状況です。 猛暑に耐え、元気に育っています。 さつま芋オーナー様の苗を守る為、 イノシシがやって来る前に、 畑全体を電気柵で囲みました。 おかげさまで、今のところ 被害を受けることなく、順調に生育しています。 生育状況を見るため 越前蜜芋の 試し掘りをしました。 昨年ほど大きくは無いですが 手頃なサイズです。 また、例年より水々しくなりました。 2週間後の収穫祭が楽しみです。

越前蜜芋の黒糖飴煮

バレンタインが近付いてきました。 チョコに飽きてきたら、 「越前蜜芋の黒糖飴煮」はいかがですか? 外は、カリッとしていて 黒糖のコクがクセになります。 内は、シットリ。 越前蜜芋の独特の甘さとシットリ感が楽しめます。 お気に入りの焼酎と一緒に、 夕食の一品や、おやつにどうぞ。 写真の焼酎は、ワトム634号ママからのプレゼント。 作り方は、簡単です。 (レシピはクックパッドのバナーをクリックしてください。) お試し下さい。

冬ニンジンとさつま芋の暖ったかサラダ

【イタリア野菜栽培状況を見る⇒】 紫ニンジンの栽培をしていますが 今年はムラサキにならずに 普通のオレンジのニンジンが混じってました。 種からの混入だと思うんですが、 半数以上が、オレンジ色です。 ちょっとショックです。。。 そこで、 「オレンジニンジンを食べてしまおう!」と 暖ったかサラダを作りました。 (レシピはこちらから⇒) さつま芋(黄金蜜)と アイスレタス、玉ねぎを使い 低カロリーマヨネーズで和えます。 さつま芋とニンジンが甘くって、 ニンジン臭さが無く アイスレタスとクルミの食感が アクセントになり美味しい! お試しください。

越前蜜芋、黄金蜜が人気です。

最近、寒さが厳しくなってきて さつま芋の御注文が多くなってきました。 今年は、さつま芋も不作とのことですが ワトムオリジナルの 「越前蜜芋」「黄金蜜」は、とっても良い出来です。 熟成処理も順調で、デンプンが糖類に変化し とっても甘くって、シットリです。 ・焼き芋 ・ふかし芋 ・てんぷら ・スイートポテト ・きんとん どれで食べても美味しいですよ。 「㈱八百五商店」さん 「Yafoo ワトムショップ」でお求め下さい。 芋の処理をしていると 中には、 火星人?のようなヤツもいます。 ちょっとした楽しみだったりします。

黄金蜜(こがねみつ)の販売開始です!

やまぶき色の果肉 甘くて、しっとりとした食感 黄金蜜(こがねみつ)の販売が始まりました。 ポスターをクリックするか、 下のYafooワトム店のバナーから見てください。 今年は、形・大きさ・味とも◎。 ・焼き芋 ・ふかし芋 ・スイーツ作り ・おせち用きんとん (作り方はこちらから⇒) とても美味しくて、美しい「黄金蜜」を 是非 お試しください。