2008年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

夕焼けと虹

暑さも和らぎ、曇りや雨の日々が続いています。 太平洋側では激しい雨のようです。 今日、帰りに久しぶりに綺麗な夕焼けと虹が見えました。 今年は、猛暑日が続き秋作のトマトは不調です。 実の生りが少なく、例年ですと11月初めまで収穫するのですが 10月下旬には終了しそうです。 でも、美味しさは例年通りです。 今日初収穫した、まほうのトマトです。 まだ、収穫初期なので糖度も低いですが、 これからだんだん、甘くて美味しいトマトとなっていきます。 今年は、トマトの作付けを昨年の倍の面積にしました。 1本の木の収量が少なくなる分、木の本数でカバーできるので 今年は栽培面積を増やして良かったと思っています。 数日後には、 ワトムショッピングサイトでトマトの販売受付開始します。 小まめにチェックしてくださいね!

恐竜のたまごにライバル出現?

ワトム634号から、緊急報告が入りました! なんと「恐竜のたまご」に対抗する物を見つけたとのことです。 (以下、ワトム634号からの報告) 先日、東京の高級果実店・千疋屋さんで恐竜のたまごに対抗するおもしろい物を見つけました。 まわりのフルーツと大きさを比べてください。 なんと、「ゴジラのたまご」 値段は、¥21,000!!! 写真を見る限り、でっかいスイカのような気もするけど… 機会があれば是非食べて見なければ。 ワトム634号、報告ご苦労であった。 (なんか、戦闘アニメのようになって来た気が…)

グリーンツーリズム⑦

Tさん一家のまほうのトマト狩りを 長男のワトム634号君(無理やりワトムメンバーに入れてしまいました)が 夏休み自由研究にして、レポートを届けてくださいました! 全10ページにわたる大作です! 自由研究にした理由は、(以下 太字レポート引用)   研究の動機   もともと野菜の中でもトマトは好きなほうでよく好んで食べていました。   また自分の家の前に住んでいる農家さんから、普段から色々な物を頂いている中に   甘~いトマトがあって、それはスーパーなど市販に売っているトマトよりも   断然甘い物なのですが、なぜそんなに甘いトマトが作れるのかということを   疑問に思い、今回調べてみることにしました 収穫体験・検品品質管理・梱包出荷作業のレポート内容に続き 実験内容です。 糖度計を使い、トマトの糖度測定と他の野菜の一般糖度調査がまとめらています。 次の実験は、畑の土(砂)の観察と、 考察に続きます。(砂の写真は拡大スコープ、デジカメを駆使して撮影したそうです)   考察  社会で習ったとおり、福井県は夏でも寒暖差が激しい土地です。  また白方町は砂地を含み水はけの良い砂地であるため、  古くかららっきょうなどの名産地でもあります。  更に爽やかな海風ときれいな砂地の三里浜で栽培されています。  この独特の土地柄で栽培することによって、糖度は高いものを  作ることができるのではないのでしょうか。  やはり福井の白方町という土地が良いことが一番の理由では  ないのかなと思います。天候・風・土地、すべての条件が  トマトにとってバランス良いものとなっていると考えます。    それから出荷時期が一番トマトをおいしく食べられる時に  合わせているという事(トマトの木は一番下の段から順番に実が  なるのですが、2段目あたりから一番上の段まで時期を見て  収穫していきます)。  そしてやはり農家の方々が丹精込めて丁寧に育てておられるからこそ、  おいしいトマトが出来るのだとわかりました。 最後には、オイラ達の写真まで載せてくれました! ワトム634号は、中学生ですが 素晴らしい内容に驚きました。 また、文章構成もしっかりしていて レポート記入の基本もしっかり出来ているのには 「スゴイ!」としか言いようがありません。 オイラが中学の時は、鼻垂らして遊び廻ってましたけど… 素晴らしい自由研究レポートを作られたことに 感謝し、お礼申し上げます。 また、レポート写真が醜い点お詫びします。

[…]

秋トマト

どうも。わとむ2号です。 お盆も過ぎて、ようやく朝晩は涼しく感じるようになりましたね。 今年の夏は、本当に暑かったですね!  さて、この夏の暑さにもめげず、  秋作のトマトたちも、少しずつ色付きはじめました。  この猛暑の中、頑張って作業した結果です。  本格的な収穫は、まだまだ先になりますが、  また美味しいトマトをみなさんの元へ  届けられそうです。  楽しみに待っていてくださいね。

まほうのトマト

秋のトマトがいよいよ色付き始めました。 まだまだ薄いピンク色ですが、来月(9月)から 収穫できそうです。 今年は、暑い日が続いていてトマトの色付きも 早いようです。 オイラ達の農園で栽培しているトマトを ご説明すると、 ミディトマト  └高糖度ミディトマトに属します。 さらに「越前るびぃ」    「まほうのトマト」    「なつかしい味のトマト」の3種類を栽培しています。   どれも、高糖度で栄養価が高いのはもちろん 皆様のお好みに合わせた3種類を、 ワトム農園オリジナルで栽培しています。  「越前るびぃ」は、甘み・コク(旨み)・酸味のバランスの良い味  「まほうのトマト」は、甘くて、ほとんど酸味が無い味  「なつかしい味のトマト」は、甘み・コク・酸味とも濃い味 地元では、直売所を中心に販売させて頂いていますが、 全国のお客様にもお届けさせて頂きます。 「お徳用6袋入り」「ギフト用豪華化粧箱入り」があります。 ワトムのホームページからショッピングサイトへアクセスして下さい。

[…]

かぼちゃがいっぱい!

かぼちゃがたくさん収穫できました。 グリーン色、赤色、白色 平たい物、とがった物など色々作ってみました。 かぼちゃの好みは、大きく二つに分かれます。 (オイラの思いなので必ずとは言い切れませんが…) A:「ホクホクで実の硬いものが好き」 B:「柔らかく、でもベトベトにならないものが好き」 両方共通することは、「甘いこと」 A群は、「栗味」「雪化粧」 B群は、「紅芳香」「紅爵」「えびす系」 オイラは、A群の白いかぼちゃ「雪化粧」が好きです。 B群の「紅爵」も調理が簡単でドロドロになりにくいから 好きです。 今、福井市内の直売所「愛菜館2号店 喜ね舎」で販売中です。 けっこう人気があるようです。ありがたいことです。 あっ!中にはこんな「おけつかぼちゃ」も出来てたりして(汗…)

[…]

グリーンツーリズム⑥

Tさん一家のまほうのトマト狩り 久しぶりのUPになってしまいました。 ワトム1号です。連日の猛暑+多忙の為手抜きでUPしてませんでした(言い訳) この暑い中、知り合いのTさんご一家がトマト狩りに来られました。 春に植えつけたトマトの収穫も終了となり、 残った実を、収穫体験して頂きました。 ハウス内は約40℃と高温にもかかわらず ミラクルなお子様たちとパワフルパパママが トマトの収穫してくださいました。 高い位置にしか実が付いていないので 収穫は大変だったと思います。 暑い中、ご苦労様でした。 その後、作業小屋に戻り トマトについての色々な質問を受けました。 「いつ植えたの?」 「栽培の管理内容は?」 「どうしたら甘くなるの?」 「良いものと不良品の違いは?」 ナドナド... また、トマトの甘さを計る糖度計の使い方など 熱心に聞いていました。 (今回、糖度が8.4度程ありちょっと安心しました) 農家にとって、今回のように消費者と直接触れ合うことが 出来る機会は少なく 貴重な時間を経験することができ Tさん一家に感謝しています。 トマト嫌いなTさん子は、オイラ達のまほうのトマトを食べて トマト好きになってくれたとの話しがあり、 とっても嬉しくて、楽しいひとときでした。 また、秋に行う予定です。皆さんも是非来てください。

暑中お見舞い申し上げます!

どうも。わとむ2号です。暑中お見舞い申し上げます!  いやぁ~、それにしても暑いですね! みなさん、夏バテしていませんか? 我々は、しっかり夏風邪をひいて、ダウンしてしまいました。 さて、そんな中、春のキャンペーンも無事ご好評のうち終了させて頂きました。 今は、秋のトマトの育成中です。 この写真は、秋作の「越前るびぃ」です。 大変な暑さにも負けず、トマト達は成長していますよ。 また皆さんに美味しいトマトをお届けするため、 頑張っています!